検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正(実態は改悪)案の本当の目的 検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正(実態は改悪)案の真の目的

安倍自公政権による、検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改悪案の本当の目的は、

自分たちの言いなりに成る・命令に従う、非常に好都合な手下である黒川弘務を検事総長に任命して、検察全体も裏で支配し、とくに自分たちに不都合な人物は、何でも良いから起訴・立件して冤罪で投獄して潰すよう命令し、自分たちに関わる者らは、捜査・起訴・立件しないよう命令するという事。

とにかく、政府・行政も立法も司法も大手マスコミも全て支配して、これからも悪政・悪行・犯罪・隠蔽・捏造・改ざん・嘘八百売国などやりたい放題行いたいという事。

警察にも検察にも裁判所にも、創価学会統一教会霊友会生長の家神社本庁解脱会国柱会崇教真光モラロジー研究所倫理研究所キリストの幕屋仏所護念会念法真教新生佛教教団オイスカ・インターナショナル、三五教、等々、気違い・悪人・犯罪・洗脳・カルト信者もいて、

こいつら気違い・悪人・犯罪・洗脳・カルト信者は言いなりに成るが、全員がカルト信者ではないので、警察や検察や裁判所や大手マスコミや大宗教団体らにトップらに回し者を送り込めば、ピラミッド組織全体を支配出来、日本全体を支配できるという事。

 

安倍自公政権自民党清和会中心政権の背後は、日本会議(本当は朝鮮カルト極悪会議)=統一教会創価学会などの朝鮮極悪カルトで、このバックが北朝鮮で、このバックがジャパンハンドラーズ・CSIS・CIAで、このバックがアメリカロックフェラー・ヨーロッパロスチャイルドイルミナティ・金融ユダヤ・ハザールマフィア・ディープステートの闇の勢力・悪魔の勢力(地球人類・日本国民の真の敵で悪魔崇拝者の極悪犯罪者ども)という事で、こいつら極悪犯罪者どもが裏表で反日売国奴どもを使って日本などを間接的に支配してきたという事。

こいつら極悪犯罪者どもは、地球人類・日本国民は、人口削減の対象・財産搾取の対象で、家畜・奴隷ぐらいにしか思っていないので、戦争などでも何千万人・何億人大虐殺・大殺戮しようが、屁とも思っていないという事。

これ以上地球人類・日本国民の人口が増えれば、地球環境もますます悪化し、自分たちも危ない・地球に住めなくなるという認識・危機意識もあり、自分たちは神?(悪魔)に選ばれた超エリートなので、地球を支配する権利もあり、地球人類を人口削減・人口調整する権利もあると思っている、完全に狂った地球人類・日本国民の真の敵で悪魔崇拝者の極悪犯罪者どもなのです。

砂漠地などの緑地化できる所は緑地化して、農地面積を増やし、牛などの餌を生産していたものを人間の穀物の生産に変え、穀物などの供給量も増やし、クリーンエネルギーやフリーエネルギーにエネルギーを変えるエネルギー革命も行い、地球文明社会全体を循環型文明社会に根本転換し、

地球人類全員が幸福・平和・自由・平等・人権等を享受出来るようにし、中間層を増やし先進国のように子供を2人前後だけ産むようにしたりすれば、人口削減しなくても、人口も爆発的に増える事もなく、地球温暖化も含めて地球環境の悪化も食い止められるのです。