戦後、アメリカロックフェラーらが、日本を間接的に支配するために、政界などの中枢に不良朝鮮人らを据えて支配してきた簡単な構図

イルミナティ・ハザールマフィア・金融ユダヤ・ディビッドロックフェラー一味・アメリカ支配勢力・CIAは、戦後日本を間接的に支配するために、

 

100%命令に従うという約束で、岸や児玉や笹川や正力などのA級戦犯を釈放して忠実な下僕にし、

北朝鮮の金や文や戸田・池田らも忠実な下僕にし、

 日本人や日本が大嫌いな不良朝鮮人や不良日本人を政界や官界や財界やマスコミ界や宗教界などの中枢に置き、

その他、完全に命令に従うかどうかわからない連中は、弱みを握って命令に忠実に従うようにし、

こいつらの子息をアメリカやイギリスに留学させたりして、実働部隊であるCIAを使って洗脳し、100%命令に従う下僕に仕立て上げ(具体例が小泉親子や安倍など)

アメ(壮大な報奨金や権力や老後も安泰や出世や女など)とムチ(暗殺や冤罪投獄や首や左遷やデマ流しなど)によって、ほぼ支配してきた、

 

というのが日本の真実・実態です。

 

 

簡単に言うと、戦後アメリカロックフェラーらが、日本を間接的に支配するために、日本人や日本が大嫌いな朝鮮勢力の極悪連中を政界や官界や財界やマスコミ界や宗教界などの中枢に据えて、支配してきたということですね。

 

石橋湛山田中角栄などの愛国心・正義感ある総理・政権もありましたがね。