読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冤罪被害者で寄付を募ってます 寄附を募ってます 募金を募ってます

私、ロンリーフリーマン(本名・高田康博)は、2000年頃からネットなどで不都合な真実・実態を暴露しまくってきたという理由のみで、日米の支配勢力(アメリカはロックフェラーらで日本ではこの手下の自公や電通など)や日米政府・日米国家権力・統一教会自民党創価学会公明党などに目の敵にされ、

 

その結果、7回不当逮捕され(小泉、小泉、麻生、野田、安倍、安倍、安倍と極悪政権と見事にリンクする)、そのうち4回不当起訴され、そのうち2回も国策的・恣意的に実刑冤罪にされ、合わせて4年投獄された上に、人権蹂躙までされまくられ、出所後も西成警察署の刑事にも暴行を加えまくられるなど、日本一酷い目に遭ってきたと思えるほど滅茶苦茶酷い目に遭ってきた冤罪被害者です。

 

また冤罪や人権蹂躙以外でも、考えられない事で20回ぐらい警察に通報され、そのうち浪速警察署や阿倍野警察署を中心に12回ぐらい保護の名の下に暴行・拉致・監禁までされまくられた被害者でもあります。

 

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2016/11/29/162246

 

さらにこういう方法でオウムやスパワールドなどのデマを流されている可能性もあるのです。

 

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2016/12/18/144514

 

さらに創価学会などに書き込みを名誉棄損で訴えられる、創価学会員らしき連中に嫌がらせ・尾行される、自転車をパンクさせられるなどで犯罪で被害を被っている者です。

 

意図的な冤罪で4年投獄された冤罪被害者です。寄付を募ってます。寄附を募ってます。募金を募ってます。

前々件の冤罪が平成13年わ第35号第100号第210号で前件の冤罪が平成15年わ第6561号です。

なおこの事件番号でさえ、前代未聞の冤罪事件を把握されないようにするために腐りきった国家権力によって改ざんされている可能性があります。


腐りきった国家権力と闘い再審請求や告訴を行い、司法制度改革案を広め、この日本から冤罪や量刑不当や不当逮捕や不当起訴や人権蹂躙などを無くす活動をするために寄付を募ってますので、心ある方々は次のところまで寄付をお願いします。

ゆうちょ銀行  14130-28745701 タカタヤスヒロ。


3回の冤罪投獄や人権蹂躙などの国家犯罪を大まかに綴ったブログを述べます。


平成13年3月、鳥取市内の実家で風邪を拗らせて休んでいただけで、実の父親の高田實に住居侵入で訴えられ、

それだけで鳥取県警鳥取警察署の悪徳警察官どもに恣意的に不当逮捕され、

それだけで悪徳検察官の柿田賢一に恣意的に不当起訴され、

大山哲也が服役中にその妻を強姦して自殺に追い込んだ岡山県井原市の中原正人にも、パチンコの本物の攻略情報として納得して3万円振込んでもらった単なる商取引を、騙して振込ませたと詐欺の虚偽告訴で訴えられ、

中原正人は証人尋問日に2回も来ず、投獄も伸びに伸びた上に、

一審で悪徳裁判官の田邉直樹に、詐欺の方も容疑を裏付ける物的証拠も状況証拠もないのに、中原の訴えと、ATMから私が金を引き出している写真が証拠などと、実家の件も含めて、すべてわざと恣意的に1年6月の実刑冤罪にされ、

控訴審でも悪徳裁判官の宮本定雄、吉波佳希、植屋伸一らにわざと恣意的に棄却冤罪にされ、

上告審でも最低裁判所の悪徳裁判官の町田顕、藤井正雄、深澤武久、横尾和子らにわざと恣意的に棄却冤罪にされ、

その上この勾留、服役中に松江拘置所、刑務所の所長である川尻定金や刑務官にも目の敵にされ、ささいなし事やなにもしていないのに合計14回ぐらい連続で、人権蹂躙房である保護房に、トータルで3ヶ月ぐらい入れられまくられ、飲み物も中々入れなかったり皮手錠もされるなどの人権蹂躙までされまくられ、

勾留、服役合わせて2年半投獄され、これだけでも日本一酷い目に遭ったと思えるほどです。

この一審の公判・法廷での私の最終陳述

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2016/11/30/215211

 

そしてこの冤罪で出所してから3ヶ月後の平成15年10月にも浪速区恵美須東(新世界)にあるアサヒパチンコ店で元店員の新城英介に自転車もろとも押し倒されるなどの暴行を加えられ、

すぐに警察官が駆け付けたためにその時は仕返しができず、その後自分で仕返ししようとアサヒパチンコ店に行っていたところ、

あろう事か犯罪者である新城英介と店員の川本英嗣が、私に一発ずつ強く殴られたなどとまったくでたらめの虚偽告訴で訴えていて、

無実どころか被害者の私の方が、アサヒパチンコ店と100%ぐるの腐りきった浪速警察署に恣意的に不当逮捕され

同じくアサヒパチンコ店や浪速警察署などと100%ぐるの、悪徳検察官である長谷川直人に恣意的に不当起訴され、

新城、川本とも公判でも偽証しまくり、

公判で同じく100%ぐるで、悪徳検察官である中本次昭が、被害者とわかっている私にわざと1年の求刑を求め、

一審で新城英介の明らかな暴行は不問にされ、

浪速警察署は基本中の基本である録画テープの任意提出さえわざと求めておらず、

告訴したアサヒパチンコ店の方が、事実であれば自分たちの訴えを100%裏付けてくれる録画テープをわざと保管する事なく証拠隠滅し、

明らかに先に暴行を加えている事は間違いない新城が先に堂々と訴えに行き、自分が先に暴行を加えている事も堂々と話し、

なぜかその時は川本が私に暴行を加えられるのを見たとされる事は話しておらず、

その6日も立った、録画テープが再録画されなくなったジャストタイミングで川本英嗣がようやく訴えに行き、

トラブルの時に駆け付けた警察官に新城英介と川本英嗣ともに許せないぐらい強く殴られたとされる事など一言も訴えていないなど、

容疑を裏付ける物的証拠も状況証拠もないどころか、これらすべて、明らかに虚偽告訴という事を裏付ける状況証拠が数々ありながら、

一審の悪徳裁判官である地引広に、被害者の私が意図的に8月の実刑冤罪の不当判決を下され、

控訴審でも悪徳裁判官である島敏男、江藤正也、伊藤寿らにも、意図的に棄却冤罪にされ

上告審でも最低裁判所の悪徳裁判官である金谷利廣、濱田邦夫、上田豊三、藤田宙靖らにも、意図的に棄却冤罪にされ、

勾留、服役合わせてまた1年半投獄されたのです。

この一審の公判・法廷での私の最終陳述

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2016/11/30/224449

 

そして、この冤罪で出所してから2ヶ月後の平成17年5月にも西成警察署の取調室で、刑事二人に何もしていないのにボコボコに暴行リンチを加えられたのです。


そして、平成20年7月にも、JR上野芝駅の近くにあるスーパーコスモ上野芝店で、店員の川村浩行に遊技妨害され進路妨害され、どけろと怒鳴ってもどかなかったので、やむなくそのまま進んで結果的に体がぶつかっただけで、それを暴行として西堺警察署に訴え、

それだけで西堺警察署に不当逮捕され、

10日拘留された上に悪徳検察官である高井順美検察官と、悪徳裁判官である宮下耕治裁判官に略式起訴の罰金15万円もの不当判決を受けたのです。

人生を目茶苦茶にされ、すべてを奪われ、貧乏人がますます貧乏人にさせられているのに、冤罪による投獄で出所してから必死になって貯めた全財産に近い15万円を、また腐りきった国家権力に詐欺的な手法で搾取されたのです。



国家権力などにわざと冤罪にされて長い間投獄されようが、人権蹂躙されまくられようが、何もしていないのに刑事に暴行を加えまくられようが、一人ぼっちの弱者・貧乏人は何もできず泣き寝入りするしかないのです。

膨大な時間と金と労力と気力と忍耐と勇気を必要とするなど、再審請求の壁もあまりにも高すぎますしね(無実を晴らせる証拠があるなら一審から提出するが、勾留されていては自分で無実を晴らす証拠や状況証拠を集めたりマスコミなどに知らせたりなど何一つ出来ない)。


私の場合もし再審請求告訴などできたとしても、今のままの裁判官、検察官などでは勝ち目などまったくありませんが、それでもすべて整えばやる気でおります。

それから国家権力などが私に対しオウム・アレフなどのデマを流していても、それを防ぐ事もどうする事もできないのです。

公安警察なりがオウム・アレフの信者の中に私の名前なども入れ各警察署・検察所・裁判所・マスコミなどに送付し、警察やマスコミや創価学会員を使ってオウムというデマを流布する事だってやろうと思えば簡単にできますしね。

わざとより重い実刑冤罪にされる事がわかっていても、その事をマスコミなどを通じてなるべく多くの世間の人々に知られるのと、まったく知られないのとでは心境などもまったく違うわけですが、私の場合いずれの国選弁護士もマスコミなどに働きかけてくれなかった事もあって、今だに世間の多くの人々が前代未聞の不当逮捕や不当起訴や不当判決や冤罪や人権蹂躙や投獄などを知らないという事なのです。


森、小泉、安倍、福田、麻生、野田らが根本的に司法制度などを改革しようなんてこれっぽっちも考えるわけがないのです。

森、小泉、安倍、福田、麻生、野田ら自身らがわざと冤罪にされる事も絶対にないし、結果的に冤罪になる可能性もまったくないわけですし、それどころか不都合な人物らがわざと冤罪にされる今のままの体制の方が非常に都合が良いと考えているわけなのです。



自民党あるいは自公の独裁政権が続いている間に、私以外にも、腐りきった国家権力に非常に不都合な人物が、国策的、恣意的、意図的に不当逮捕、不当起訴、わざと冤罪で投獄されたり人権蹂躙されたりした事例、国家犯罪がたくさんある事でしょうし、中には暗殺された人々もいるかもしれません。

こういう事実があったとしても、日本のマスコミはほとんどが御用マスコミなので、世間に知らされずに闇に葬られている冤罪や投獄や人権蹂躙などの事件、国家犯罪もいっぱいある事でしょう。

まあこういう裏表で悪行を行ってきた連中は、肉体が滅びれば地獄に堕ちるしかありませんし、地球が再生されれば、こういう連中は排除されている事でしょう。

地球人類、日本人の一人一人が改心し、自己利得から、共生、調和、愛の心に変わらなければ、地球人類は滅びるしかないでしょう。

ヤフー知恵袋のlonelyfreeman2016やツィッターのlonelyfreeman99も読めば、なぜ私が腐りきった国家権力などに目の敵にされ意図的な冤罪で投獄されてきたかも理解できると思います。

2016年11月28日 ロンリーフリーマンこと高田康博