読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルハン スパワールド ドンキホーテ 浪速警察署 阿倍野警察署などによる12回の保護の名の下の暴行・拉致・監禁

私ロンリーフリーマン(本名・高田康博)は、

 

7回の不当逮捕

そのうち4回不当起訴され、1・2回の合わせて4年の冤罪投獄&人権蹂躙と15万円の罰金刑、

12回の保護の名の下の暴行・拉致・監禁、

オウム、スパワールド?というというデマ流し、

創価・公安などの尾行・嫌がらせ・名誉棄損で訴え・犯罪行為(自転車を盗まれるパンクさせられるなど)等で、

命以外の全てを奪われたり、再び部屋・私物もパーにされたり、滅茶苦茶酷い目に遭ってきていて、想像を絶する怒り・ストレスも溜まりに溜まっている者ですが、

 

このうち12回の保護の名の下の暴行・拉致・監禁について具体的に述べます。

 

何の違法行為も行なっていない一般市民が、新世界の店舗や浪速警察署に目の敵にされて、出入り禁止にされ警察に通報された上に、保護の名の下に暴行・拉致・監禁され、滅茶苦茶な被害を被った事件です。

私をよほど目の敵にしていなければ絶対に有り得ない、マルハンスパワールドや浪速警察署による、滅茶苦茶な悪行・犯罪です。

 

2015年の大晦日には新世界のマルハンに様子を見に行き、店内を歩いたりしていたところ、店員と警察OBの警備員が、「お宅他の客を睨んだだろ」などと客である私にクレームを付けてきて、普通なら何の問題もない事案で新世界マルハンが浪速警察署も呼び、退店させられ出入り禁止にされた上に、浪速警察署の警察官にも目の敵にされ、保護の名の元に暴行・拉致・監禁され(反吐も吐かされ上着も汚れまくりベルトも切られる)今年の元日の早朝に出され、その1週間後、新世界マルハンに文句を言いに行ったところ、再び浪速警察を呼ばれて、再び保護の名の元に暴行・拉致・監禁され(再び反吐も吐かされ上着も汚れまくりベルトも切られる)、

 

2月26日に、三度、新世界マルハンに文句を言いに行ったところ、再び浪速警察を呼ばれて、再び保護の名の元に暴行・拉致・監禁され(再び反吐も吐かされ上着も汚れまくりベルトも切られる)、

2月に、朝鮮・遠隔・詐欺・犯罪・気違い・マルハンの4階にあるドンキホーテに行って酒を買い、休憩所で、ストレス・怒りなどを少しでも紛わせるためもあって酒を飲んでいたり、長椅子に寝そべったりしていると、警備員に注意され、なぜそのようなルールができたのか聞いても答える事無くルールで決められた事なんですよなどとしか答えず、4度浪速警察署を呼ばれて退店させられ、(この時はいつもの気違い・犯罪者で創価系と思われる浪速警察官がたまたまいなかった事で、暴行・拉致・監禁はされなかった)

3月13日に、朝鮮・遠隔・詐欺・犯罪・気違い・マルハンのとなりにあるスパワールドに、少しでもストレス・怒りなどを発散させたい事もあって行き、屋上のプールで自由に浸かったり泳いだり飛び込みしたりしていると、従業員が近付いてきて、「ここはルールで飛込みが禁止されているんですよ」(前にも利用しプールで飛び込みも行なってきたが今迄一度も注意された事もない)などと抜かしてきて、私は「はあ?飛び込んだからといって水しぶきが上がるだけだろうが誰の迷惑になるんだ怪我をすれば自己責任だしな」などと言い返したところ、見かければ誰にでも注意してきただのなんやらかんやら抜かし、「俺は自由にくつろいでストレス・怒りなどを発散させるためにちゃんと金も払って来ているんだよ、それがなんでこんなどうでも良い事で注意され逆に気分を害されますますストレス・怒りなどを溜められなきゃならないんだなどと怒ったり怒鳴っていたところ、5度目か浪速警察署を呼ばれ気違い・犯罪者で創価系と思われる浪速警察官が来て、退館させられた上に、スパワールドの敷地を出た後も、ずっと付きまとい(意図的に保護するため)、再び保護の名の下に暴行・拉致・監禁されたのです。(再び反吐も吐かされ上着も汚れまくり上着のボタンも引きちぎられベルトも切られる)

さらに5月30日に、スパワールドに行き、
「プールに飛び込んだだけで警察を呼んだ事例はあるのか?」
「トラブルになる前から浪速警察署が私の顔写真も送付しこの客が来店すればどんな些細な事でも良いのでクレームを付けて注意し文句を行ったり大声で怒鳴ったりすればすぐに浪速警察署に通報するよう通達があったのか?」
「私をオウム・アーレフの信者とでも思って注意してきたのか?」
などを聞いていたところ、再び浪速警察署に通報していて、駆けつけた浪速警察署・気違い・悪人・犯罪者の悪徳警察官が、泥酔も暴れてもいないのに、再び速攻で保護の名の下に暴行・拉致・監禁され、顔や腕などを踏んづけれられ、シャツも破られ、

監禁から開放される時にも、私が一言も喋らなかったら、おかしいちゃうんか?また暴れたらしいな、君が暴れるから悪いんだぞ、現場の警察官に暴行を加えたらしいな、パトカー内でも暴れパトカーを壊したらしいな、暴れたら公務執行妨害になるんだぞ、などとほとんどでたらめの呆れ果てる事を言いまくって(私の方が何もやっていないのに押し倒され暴行を加えられ拉致・監禁された被害者にも関わらず)私は無言で怒った表情をしながら立ち去ったのです。

さらにさらに、7月5日頃三度スパワールドに行き、受付の女性従業員に、「俺が誰だか知ってるか?ここの幹部らに早く地獄に堕ちるように伝えとけな」、などと話したところ、男性従業員が近付いてきたので、この従業員にも「俺が誰か知っているか?」、と話したところ、「いいえ知りません」と答えたので、一連のトラブルを話していた途中で、「警察を呼びますから」などと言って本当に警察に通報しようとしていて、呆れ返って、「話をしている途中でなんなんだ、俺が何をして警察に通報しようとしているんだ?」などと怒りながら怒鳴り、こんな気違い・悪人・犯罪者どもを相手にして、また気違い・悪人・犯罪者集団である浪速警察所に保護の名の下に、暴行・拉致・監禁されるのもまっぴらごめんと考え、そこを立ち去ろうとすると、この従業員ともう一人もやってきて、「いま警察を呼んだから待っとれや」などと抜かし、私の体を掴んできたので「離さんかい犯罪者ども」と怒鳴りながら、完全に頭にきて、私も胸倉を掴んだりして「俺が何をしたんじゃ、ああ、お前の方が犯罪者だろうが」などと怒鳴りまくり、頭突きをする真似をしただけで顔を殴ってきて、その殴った犯罪者が「殴ったな、殴ったな、訴えてやるぞ」などと、自分が殴った行為を私が殴ったようにでたらめまで抜かし、本当はボコボコにしてやりたかったのですが、それを行なえば完全に刑務所行きになると思ったので、気違い・悪人・犯罪者どもが掴んでいた自転車も放り出して、そのままそこを離れたという事件まであったのです。

短期間に考えられない事で警察に通報された上に、浪速警察署にも目の敵にされ、事情に関係なく、暴行・拉致・監禁が10回ほどあるわけですが、警察などが私に対しオウム・アーレフの信者などというデマを流し世間にこのデマが広まっていれば、警察に付きまとわれ囲まれているわけですから、ああまたオウム・アーレフの信者が何かやったんだろう、気違いが暴れたり騒いだりしてまた警察沙汰になっているんだろう、などと考える通行人・目撃者も大勢いるわけでしょうから、その点からも私を目の敵にしている浪速警察署にとっては非常に都合が良く、暴行・拉致・監禁もできやすいというわけなのです。

浪速警察署が、管轄の店舗などに、非常に不都合な人物という事で目の敵にしている私の顔写真も送付し(オウム・アーレフの信者などというデマも添えている可能性さえ十分有り得る)この人物が来店したら監視し、ささいな事でクレームを付け退店させ、何か大声を出したりすればすぐに通報しろ、などと通達を出しまくっている事も十分考えられるのです。

それから、マルハン自民党幹部や警察庁幹部や警視庁幹部や大阪府警幹部や浪速警察署などの管轄の警察署幹部らに裏金を渡しトラブルの時などの味方になってもらったり用心棒になってもらったり違法行為を見逃してもらっている事も十分考えられます。

なお私は統一教会自民党創価学会公明党も大嫌いなので、新世界などでも、一般市民の何万倍あるか知りませんが、溜まりに溜まったストレス・怒りなどの発散も兼ねて、「オウム・アーレフと同じ朝鮮カルトの創価学会員や統一教会員は日本から出て行け」などと怒鳴ったりしており、統一教会自民党信者や創価学会信者が多くいると思われる浪速警察署の気違い・悪人・犯罪者・暴力団集団がそれも重々承知していて目の敵にする理由の一つと確信しています。

現場に駆けつけてくる気違い・悪人・犯罪者の警察官だけでなく、浪速署幹部らも、私を目の敵にしている創価学会員の可能性もありますしね。

 

それから、9月頃にも、電車内で黒ずくめの女の横に座りどんな顔をしているか覗き、好みじゃなかったので、すぐに立ち去り他の座席に座っていると、この創価学会だかの気違い女が、これだけで駅員か警察に通報していて、天王に着いたところで駅員と阿倍野署警察官がやってきて、私に名前を聞いてきましたが、私は何も悪いこともやっていないし答えなかったところ、これだけで、阿倍野署警察官に保護の名の下に暴行(はっきり覚えていないが)拉致・監禁された事もあるのです。

 

それから、10月頃にも、新世界で缶酎ハイを飲みながらたそがれていただけで、創価学会だかに警察に通報され、何もしておらず泥酔も暴れてもいないのに、12回目の護の名の下に暴行(パトカー内で膝に全体重をこめかみ・横顔にかけられ1か月ぐらい痛みがとれなかった)拉致・監禁された事もあるのです。

これで12回ぐらい、保護の名の下の暴行・拉致・監禁られたというわけなのです。

 

こいつら、気違い・悪人・犯罪者どもも皆〇しにしてやりたいぐらいですがね。