読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在特会や桜井誠の正体 ヘイトスピーチの真の目的 安倍晋三と在特会の関係

f:id:lonelyfreeman2016:20161128222345p:plain

バックに安倍晋三一味がいる、差別偏見主義豚である桜井誠率いる在特会の、『朝鮮人は日本から出て行け』などのヘイトスピーチは、ナチスドイツ下のユダヤ人排斥運動をそっくり真似たものです。

ナチスが、国内問題を全てユダヤ人のせいにして、排外思想・排外主義を広め、ナショナリズムを煽って、国内問題から目を逸らさせるために他国や他民族を敵に仕立て上げそちらに目を向けさせた手法・常套手段を使ったものです。

なんせ、安倍晋三一味やこのバックにいる統一教会やCIAやディビッドロックフェラー一味や金融ユダヤらが、ナチスの手口を真似ているだけですからね。

在特会桜井誠は不良朝鮮人統一教会工作員だ、騙されるな。

在特会など、バックに暴力団自民党創価学会統一教会らが付いている似非右翼団体の主要メンバーも不良在日朝鮮人や不良日本人で構成され、

安倍自公政権で、ナショナリズムを煽って、日中関係や日韓関係などを意図的に悪化させ、悪政などの内政の問題などを他国に向けさせるのが目的です。

それと、朝鮮勢力でもある安部晋三一味が、在日朝鮮人朝鮮総連などに強く対処しているように見せかけて、自民党信者や右翼保守思想の連中や国粋主義者の連中を増やし、アメリカの戦争に加担させやすくしたり、最終的には日中戦争を起こしやすくさせる事が目的です。

いつでも朝鮮人を中国人に変えれば良いという事ですしね。

画像左は、元在特会関西支部長の増木重雄君で、ご両人とも統一教会と深い関係にあるということです。