創価学会&公明党の正体・実態

犯罪教団のお手本である創価学会の真実。

世の中を騒がしている犯罪教団の特徴をあげてみましたが、この特徴が全てあてはまるというより、むしろ、これらインチキ教団がお手本にしてきた教団が創価学会です。

創価学会は、現世利益を看板にして布教し、多く出すほど功徳が大きいと言って、会員から多額の財務金を出させ、さらに、おびただしい数の出版物を半強制的に買わせます。

こうして集めた巨額の資金で、学会は、東京の信濃町や八王子を中心として全国的に土地を買いあさり、池田大作の豪華専用施設をもつ道場を何百も作りました。

こうしたやりたい放題を続けるために、創価学会は、批判者や脱会者に対し、脅迫、尾行、見張り、嫌がらせ、怪電話、怪文書、暴行、傷害、盗聴等々、あらゆる犯罪的手段を用いて攻撃します。

また、これらの犯罪を実行するために後藤組などの暴力団とも手を組んで来ました。

さらに、聖教新聞や潮などのマスメディアを使って不都合な敵対する人物や批判者や脱会者を口汚なく罵り中傷し続けます。

また、創価学会池田大作などを批判するマスメディアには、創価学会員や創価系の弁護士事務所を使って嫌がらせ・圧力などをかけ、批判できないように潰してきたのです。

そして創価学会の言いなりになったマスメディアには、印刷を依頼しアメを与えてきたのです。

 

毎日新聞&TBSが良い例ですがね。

 

また創価学会では、金集めや会員集めのために幹部を役職や賞で吊って駆り立てます。

成果が上がらぬと、皆の前で池田大作の叱責を受け役職を下げられますので、幹部達は次第に悪行をエスカレートさせていくのです。

創価学会を私物化した池田大作の野望は、日本の国家機構を乗っ取り、絶対支配者となる ということです。

池田大作は、この目的のために公明党を作ったのです。

ですからこの公明党の平和と福祉の党という触れ込みはまったくのブラックジョークで、実態は真逆の戦争・闘争と弱者食い物政党なのです。

 

小泉自公政権下では、イラク・アフガン戦争に賛成・加担し、安倍自公政権では安保法という戦争法に賛成・加担してきた事実からも明らかなのです。

 

それから、表向き福祉に力を入れてきたのも、貧困層生活保護などを受けさせ、創価学会に入会させ、会員数を増やして勢力を拡大し、生活保護費から池田・創価の書籍や聖教新聞や御本尊や数珠などを購入させる異により、国家予算の一部が創価学会の懐に入り、出来の良い子息は議員や裁判官や検察官や弁護士などにさせ、出来の悪い子息は警察官や刑務官やマスコミ界などの社会的影響力のあるところに送り込んできたのです。

 

つまり、創価学会は、政界、検察や裁判所などの司法界、霞が関などの官僚、警察、マスコミ界、財界などへ、池田・創価の私兵を送り込む作業を長年に渡り組織的に続けてきたのです。

 

彼ら創価学会員の判事、検事、官僚、ジャーナリスト達は、公明党を中心とする安定政権ができたときにはそれを支える中核として働き、この時日本の国家機構は完全に池田大作に支配されることになります。

こうした危険な体質をカムフラージュしようと、創価学会は積極的に芸能人やスポーツ選手を入会させ、選挙の時などを中心に、これを広告塔として利用します。

このような創価学会は、当然のことながら、数多くの批判にさらされてきましたが、いつも、学会に対する不当な弾圧だ信教の自由の妨害だなどと言って、会員を欺むいてきました。

 

また、創価学会池田大作のバックは、自民党(特に清和会)や大手マスコミを支配する電通統一教会文鮮明オウム真理教松本智津夫などと同じくアメリカ支配勢力・ロックフェラー一味・金融ユダヤ・ハザールマフィアなのです。

f:id:lonelyfreeman2016:20161128204425j:plain