原発は核兵器と同じく絶対に開けてはならないパンドラの箱で悪魔の発電装置

f:id:lonelyfreeman2016:20161128194941j:plain

原発は悪魔の発電装置であり、自民党や旧通産省経済産業省や電力会社や原発メーカーや電通や読売・産経などを中心とした原発推進派は、

 

住民の生命や財産や健康や安全や生活のことなど屁とも思わず、自分たちの利権のために国民を騙して強引に原発を推進しまくった、悪魔に魂を売り渡した極悪連中なのです。

原発の代わりの発電量を賄うものとして、短期的には、必要なところに必要なだけガスタービン発電などのLNG発電を設置すればよいのです。

中長期的には、地熱発電、潮力発電、波力発電、太陽光発電、太陽熱発電、風力発電バイオマス発電、水力発電、水車発電、そして夢のようなフリーエネルギーによる発電などがあります。

原子力関連の予算全てがクリーンエネルギーの開発・普及に使われていれば、とっくに日本はクリーンエネルギー大国になっていたのです。

原発がなくなれば、次のように、良いこと尽くめになります。

原発事故や廃棄物処理場の事故の心配がなくなります。

悪魔に魂を売り渡した原発利権集団が必要なくなりますから、税金の無駄使いもそれだけ減らせます。

原発関連予算をクリーンエネルギー開発に回せば、それだけクリーンエネルギーの開発普及が早くなり、普及が早まればコストが安くなり、善循環になります。

コストも掛からず、管理、メンテナンスも簡単な、地域に適した、分散型の小型発電装置を必要なだけ設置すればいいので、電気料金も安く抑えられます。

日本の安全神話も復活し、観光客も増えて、観光立国にできます。

未来が明るくなり、子供をほしいと思う夫婦も増えるでしょうから、少子化も軽減できます。

クリーンエネルギーの開発普及で、新たな産業による雇用の創出に繋がります。

テロリストや他国の軍隊に、原発が狙われる可能性が皆無になります。

地震津波が来ても、原発事故の心配をする必要がなくなり、二次的被害が皆無になります。

ウランを輸入する必要がなくなります。

原発を利用して、核兵器の開発をするんじゃないかという他国の警戒心がなくなります。

などなど、すばらしいことばかりです。