選挙制度改革案

選挙制度改革案などですが、

候補者は中選挙区制で自分の所在地の都道府県から立候補でき、一番人口の多い東京都は定員を55人ぐらいにし、一番人口の少ない鳥取県は定数を3人ぐらいにするなどで、人口で定数を均等に振り分け、衆議院は定数を320人ぐらいにし、

有権者は、全国の候補者の中から10人国会議員になってもらいたい候補者に投票できる大選挙区制を導入する。(不正選挙を防ぐために全て手作業で行いますが、作業が10倍になっても日本で一番大切なイベントですからやむを得ない)

例えば衆議院選挙は、候補者が2000人ぐらいになる事もあると思うが、委託金制度は廃止し、ポスターは張らず、NHKとネットで、3分ずつぐらい政見放送だけさせて有権者が判断する。

これなら金もほとんどかからない。

開票は、一般市民やマスコミが監視する中(撮影もOK)、各投票所で行い(立候補者が2000人いたとしてその立候補者の名前を付けた集票ボックスに入れて、本当に開票結果ぐらいの投票数があったのか一目瞭然になるよう集票したボックスを公開する)

そして、それを全国の投票所で集計した結果(立候補者2000人分なら2000人分を)を足して、当選を決定する。

どこの投票所で誰それの立候補者が何票獲得したか、全国の集票結果を公開するので不正が出来ない。

また、参議院は廃止し、総理を公選制で選ぶ、首相公選制にする。

また、重要な法案・政策は、与党政府と30人以上いる野党が提出でき、その中で一番良い法案、または全て廃案かを国民投票によって決められる制度にする。

また、政党助成金制度も廃止し、国会議員一人一人に適正な議員助成金を支給し、公設秘書と私設秘書は最大3人ずつの合計6人にする。

秘書の給与は、支給された議員助成金から払う。

それから、政党政治は否定しませんが、政党の党規党則を禁止し、一人一人の国会議員が独立して、一つ一つの法案・政策を、自分の意思によって賛成・反対する。

とにかく、不正選挙が出来ないようにし、志ある国民が金がなくても立候補でき、真っ当な立候補者が当選しやすいようにし、有権者の意思が反映されるようにし、投票率を上げるようにし、政党や独裁者の暴走・悪政を許さない、なるべく国民の意思が反映された政権を選べるための選挙制度改革案などにする事が需要事項なのです。

と言っても、有名人が当選しやすくなるのは致し方ありませんがね。

戦後になってから、再審請求などにより、無罪すなわち冤罪が明らかになった事件

免田事件(免田栄さんが1949年1月から無実で34年6ヶ月投獄される)、

幸浦事件(近藤勝太郎さん、小島敏雄さん、近藤糸平さんらが1948年2月から無実で14年5ヶ月投獄される)、

弘前大学教授夫人殺人事件(那須隆さんが1949年8月から無実で28年投獄される)、

財田川事件(谷口繁義さんが1950年4月から無実で33年11ヶ月投獄される)、

二俣事件(当時18歳のA少年が1950年2月から無実で7年8ヶ月投獄される)、

木間ケ瀬事件(本田昌三さんが1950年5月から無実で1年半ほど投獄される)、

小島事件(永松敏夫さんが1950年6月から無実で9年6ヶ月投獄される)、

八海事件(阿藤周平さん、稲田実さん、松崎孝義さん、久永隆一さんらが1951年1月から無実で8年8ヶ月投獄される)、

梅田事件(梅田義光さんが1952年から無実で34年投獄される)、

米谷事件(米谷四郎さんが1952年3月から無実で6年投獄され1978年7月に無罪を勝ち取る)、

徳島ラジオ商事件(富士茂子さんが1954年8月から無実で12年3ヶ月投獄され1979年11月富士茂子さんは亡くなるが、1985年7月に無罪が確定する)、

島田事件(赤堀政夫さんが1954年5月から無実で29年8ヶ月投獄される)、

仁保事件(岡部保さんが1955年10月から無実で17年投獄される)、

松尾事件(松尾さんが1954年8月から無実で34年投獄され1988年に亡くなり、その翌年無罪が確定)、

松山事件(斎藤幸夫さんが1955年12月から無実で28年7ヶ月投獄される)、

大森勧銀事件(省略)、

甲山事件(山田悦子さんらが1974年4月一旦逮捕されるも不起訴となるが1978年に再逮捕され、1998年に無罪確定)、

遠藤事件(遠藤祐一さんが1975年12月一旦犯人扱いされるが逮捕には至らず、1977年2月に逮捕起訴され、1989年4月に無罪確定)、

宇和島事件(省略)、

最近では

富山事件(省略)、

志布志事件(省略)、

足利事件(省略)

 

郵便不正事件(省略)

 

陸山会事件(省略)

 

などがあります。



あと、冤罪が疑われる事件として、

帝銀事件、牟礼事件、白鳥事件、丸正事件、名張ぶどう酒事件、狭山事件、波崎事件、袴田事件布川事件、日産サニー事件、三崎事件、高知白バイ事件、手鏡事件、ロッキード事件などがあり、

 

 再審請求などで無罪が確定してなくても、冤罪と思われる事件は、日本にも数多くあると思われます。

f:id:lonelyfreeman2016:20170605041801j:plain

ビッグバン(無から時空やエネルギー・物質の元が誕生するわけがない)も無機質から有機質・単細胞・生命が誕生したも進化論も全て全くの出鱈目

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1080409415?__ysp=44OT44OD44Kw44OQ44Oz5YWo44GP44Gu44OH44K/44Op44Ohビッグバン(無から時空やエネルギー・物質の元が誕生するわけがない)も無機質から有機質・単細胞・生命が誕生したも進化論も全て全くの出鱈目で、

世界を支配してきた、悪魔崇拝者とも言われているイルミナティ・金融ユダヤ・ハザールマフィアが、

地球人類の多くを拝金・唯物・利己主義者の無神論者にさせる、奴隷・家畜にさせる、

言い換えれば、人間も所詮動物の一種で、偶然生まれ偶然死ぬだけで肉体が死ねば無になるという思想の元の、金・物・欲望の奴隷にしたい、資本主義などは正しいと思わせたいからです。

なお、キリスト教などの宗教団体に入っている有神仏論者には、キリスト教などを乗っ取って、間違った教義を教え洗脳し、悪魔・地獄の方に誘導するという事も行われてきたと思いますがね。

そのために世界中で、社畜国畜イエスマン(政府やマスコミや先生や教科書などを鵜呑みにするという事も含めて)を大量生産するための詰め込み馬鹿教育(ビッグバン、無機質から有機質・単細胞・生命が誕生した、進化論なども含まれる)が行われてきたと確信していますしね。

http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/kagaku08.htm

http://park8.wakwak.com/~dendo/sinka/

 

 

戦後、アメリカロックフェラーらが、日本を間接的に支配するために、政界などの中枢に不良朝鮮人らを据えて支配してきた簡単な構図

イルミナティ・ハザールマフィア・金融ユダヤ・ディビッドロックフェラー一味・アメリカ支配勢力・CIAは、戦後日本を間接的に支配するために、

 

100%命令に従うという約束で、岸や児玉や笹川や正力などのA級戦犯を釈放して忠実な下僕にし、

北朝鮮の金や文や戸田・池田らも忠実な下僕にし、

 日本人や日本が大嫌いな不良朝鮮人や不良日本人を政界や官界や財界やマスコミ界や宗教界などの中枢に置き、

その他、完全に命令に従うかどうかわからない連中は、弱みを握って命令に忠実に従うようにし、

こいつらの子息をアメリカやイギリスに留学させたりして、実働部隊であるCIAを使って洗脳し、100%命令に従う下僕に仕立て上げ(具体例が小泉親子や安倍など)

アメ(壮大な報奨金や権力や老後も安泰や出世や女など)とムチ(暗殺や冤罪投獄や首や左遷やデマ流しなど)によって、ほぼ支配してきた、

 

というのが日本の真実・実態です。

 

 

簡単に言うと、戦後アメリカロックフェラーらが、日本を間接的に支配するために、日本人や日本が大嫌いな朝鮮勢力の極悪連中を政界や官界や財界やマスコミ界や宗教界などの中枢に据えて、支配してきたということですね。

 

石橋湛山田中角栄などの愛国心・正義感ある総理・政権もありましたがね。

自民党の二大派閥、清和会と経世会の大きな違い

ここで自民党の二大派閥、清和会と経世会に着目しよう。

 

 

代表的な清和会系の政治家は、福田赳夫小泉純一郎安倍晋三らである。

 

対して経世会系は、田中角栄竹下登橋本龍太郎小渕恵三らである。

 

両者の違いをきわめて簡単にいうと、清和会は米国の手下、経世会は日本独立やアジア外交重視の人たちである。

 

ここに緒方竹虎から続く、自民党とCIA(ユダヤ権力)の癒着の歴史が関係している。

 

清和会は米国に有利な政策を遂行し、その報酬としてCIAからカネをもらい、勢力を伸ばしてきた。

 

大手マスコミは一切報道しないが、岸信介がCIAに雇われたエージェントだったことは、後年になって情報公開された米国務省、米国立公文書記録管理局の資料から明らかになっている。

一方の経世会は、米国だけでなく、ヨーロッパやアジアとの関係も強化していこうという考え方だ。田中角栄などはまさにその代表である。

 

両者を比較するには、首相経験者の末路を追うとよい。その差は一目瞭然である。清和会はみな長生きで、政権も安定していた。一方、経世会はこんな具合だ。


田中角栄・・・ロッキード事件で失脚。脳梗塞に倒れる。
竹下登・・・リクルート事件で失脚。変形性脊椎症に倒れる。
橋本龍太郎・・・一億円ヤミ献金事件で政界引退。68歳で死去。
小渕恵三・・・任期半ばで脳梗塞に倒れる。62歳で死去。


政治家なら誰もが金まみれなのは当然だが、金丸信も、鈴木宗男も、小沢一郎経世会である。これほどわかりやすい例もないだろう。これらの起訴は東京地検特捜部によって行われているが、この特捜部の前身が「隠匿退蔵物資事件特捜部」(米軍占領前に隠した資産などを探し、摘発する部署)であり、地検のキャリアはみなCIA(ユダヤ権力)の教育を受けていることが公式に明らかになっている。
結局のところ米国、つまり<彼ら>の支配を受け入れる者しか、この国では活躍できないようになっている。小泉純一郎は首相時代、米国のポチとして徹底的なまでに日本を売り渡し、徹底的なまでに格差を助長した。安倍晋三首相もその系譜をたどっているにすぎず、保守と呼ぶのもおこがましい。

 

私に言わせれば、自民党「清和会」や東京地検特捜部や日本のマスコミはみな、米国CIA(ユダヤ権力)の手先である。
 
田中派田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
経世会竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
経世会金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
経世会中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
経世会小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
経世会鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
経世会橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
経世会小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
経世会二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
 
(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰

対米従属派である清和会の政治家と違い、国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国などと独自の繋がりを模索しようとした経世会の政治家は、悉く失脚もしくは殺害の末路を迎えている。
 

中川昭一父親である中川一郎氏も、日本の近隣大国であるロシアからの、「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を画策し、入浴中、絞殺された。


これから起きてくる地球人類全体のカルマ解消(天災・天変地異など)を超えて生きる

世界中で豪雨や豪雪、土砂崩れ竜巻などの自然災害が起こっています。
   

地球は今や、カルマやトラウマでいっぱいであることを知っているでしょうか?

 

それはこれまでの戦争や憎しみ、エゴイズムなどにより人類が生み出したものです。

 

地球にはジオパシー(水脈・断層)的ストレスの存在する場所がいくつもありますが、自然現象の起こりやすい場所にはそういった濃密なエネルギーが存在しています。

そうした地域に住んでいる人々にとっては、たまたまそこに住んでいただけかもしれません。

 

そうしたジオパシー的ストレスは、その国の社会や国民だけではなく、実は人類全体と関係しています。

 

そうしたジオパシー的ストレスの原因について幾つか上げてみましょう。

例えば、太古の昔、今の人類が出現する前には、地球には宇宙からさまざまな存在たちがやって来ており、その際に彼ら宇宙人たちの間では、繰り返し何度も地球を巡って植民地戦争が繰り広げられました。

 

その際には原爆や水爆なども使用されており、そうした核戦争が原因で、地球にはエネルギー的に真空になってしまうゾーンがあちこちにできました。

 

そして現在そうした歴史を持つ地域一帯は、地球のウィークポイントとなっています。(中東地域など)

また最近の人類史においても多くの戦争がありましたが、その中でも殺戮が行なわれた地域一帯は、汚染された濃密なエネルギーがそのまま残されています。

 

そのためにそうした地域は、自己防衛するために必要な地球のエネルギーが欠如しており、大雨や土砂崩れなどの自然災害を防ぐことができません。

 

 

地軸の変化により、地球のあちこちで起きている大洪水などには、そうしたエネルギー的な背景があります。

何も悪いことをしていない人々が、なぜ自然災害に巻き込まれて亡くなるのかという質問ですが、自然現象は良い人や悪い人を区別したりはしません。

 

問題は、そうした人々がさまざまな理由で、そこへ住まなければならなかったということです。

 

 

そこへ住むことを選択したのはその人であり、その国のその地域に生まれることを選択したのはその人なのです。

 

 

つまり、大洪水が起きる所にいた人は、そこに存在することを自分が選択したからなのです。

自然が怒り、人間に力を示す時に破壊が起きますが、目的は破壊することにあるのではありません。

 

 

自然現象は、人類のカルマやトラウマに従い、地球の浄化という形で起こります。

 

ノアの箱舟という伝承がありますが、地球は破壊という形で浄化を行ない、これで浄化することができます。

人類の生み出し続けているカルマとトラウマは、今や膨大なものになっており、それが災害を生み出し、これから他の地域へと拡大していく可能性があります。

 

つまり、自然災害はあなた方人間の行為と想いが生み出すものなのです。

 

それは物質レベルだけではなく、特にあなた方の思いが地球を汚染しています。

 

こうした人類のカルマやトラウマによる、汚染されたエネルギーを解放するために、地球は自然浄化現象を起こすのです。

そのプロセスで、犠牲になって亡くなる人がいます。
   

地球は余りにも汚れすぎていて、掃除をしなければならないからです。

 

 

あなた方が意識を上げ、直感が働くならば、適切な場所を見つけることができて、決して危険なところには住まないでしょう。

 

そこには善人や悪人は関係ありません。

 

 

なぜならジオパシー的に危険なところとは繋がらないからです。今は平和で穏やかな国に見えても、過去には地獄であったかもしれません。

 

自然災害を見て、自分の意識を上げることが必要だということに気付かなければなりません。

 

 

あなたが自分の意識を上げるならば、地球を浄化することに協力することができます。

 

自然災害は他人の問題ではなく人類全体の問題であり、他の人に起きたことはあなたにも起こりうることです。

あなたが人間としての本来の在り方に目覚め、ネガティブではなく常にポジティブに考えて意識を上げるようになるならば、問題は降りかからないでしょう。

 

 

たとえ自然災害が起きたところに住んでいたとしても、その人には何も起きないでしょう。

 

 

それはその人が他の人よりも重要だということではなく、法則の前には皆同じです。

あなた方はもう理解しても良い頃ではないでしょうか?
   

人間が多次元的存在として、地球の一住民、光の住民として生きるならば、決して危険に遭遇することはないのです。

 

 

しかしあなたが3次元の物質的世界の法則だけに頼って生きているならば、たとえ良い人であるとしても、人生においてたくさんのビックリ箱を開けることになるでしょう。

繰り返しますが、自分の内的な世界、霊的な向上を目指すことが必要です。
   

人間は生まれてただ死んでいく時代ではありません。

 

 

今の時代を生きているあなた方は、生まれた地球にふさわしい存在になるように、霊的に成長しなければならない段階に至っています。

 

つまり、すでに今までとは違う次元に入っているのです。

 

 

宇宙の法則が、生まれてただ今までの普通の生き方をして死んでいくという、そうした生き方を許さなくなっています。

しかし多くの人が、今までと変わらない同じ生き方しか知らないために、自然災害に遭遇して浄化されることになるかもしれません。

 

 

それも、1人1人が自分の選んだ生き方の結果を刈り取るだけのことです。

 

自分は物質を超える霊的な存在であることに気づき、宇宙の意志に沿って進み、内的な世界を浄化して生きるならば、あなたは人生を安らかに進むことができるでしょう。

あなたが内なる本来の自分、そして内なる神を離れてこれまでのように生きるならば、あなたの霊的な弱さはネガティブエネルギーの入り込む隙を作ります。

 

そして多くの人々がそうした状況にあります。

 

物質的にだけ物事を考える人に必要なことは、人間は本来霊的な存在であることに気づくことです。

 

今のあなたがそうであるのは、あなたの内なる霊的世界という心が生み出しているものであって、それがあなたの内的な意識です。

あなたは本来、宇宙の一部であり、宇宙の法則の一部であり、物の世界に埋没して生きるような存在ではありません。

 

あなたが自らを光の存在であることを忘れて生きるならば、これからやってくる難しい状況や複雑な状況に向き合う力を失い、ただ翻弄されて生きることになります。

 

多くの人がこれまでと変わらない状態に生き、これからの時代の流れに対し軽く考えているようですが、自分の生き方次第で、受け取るものが違ってくることを忘れないでください。

管直人民主党政権と野田佳彦(隠れ自民党一派)民主党政権の正体・実態

管直人民主党政権は庶民出身の管直人氏が総理に就任したという事で期待された面もありましたが、

アメリカロックフェラー一味にとっては、命令に従わない不都合な政権という事で、人工地震である311東日本大震災を起こされ、福島原発事故まで起こされ、

再び人工地震原発崩壊を起こされかねないし、自分が暗殺される可能性もあるという事で、やむなく命令に従わざるを得なくなり、TPP参加やアメリカ国債買い増しや野田佳彦(隠れ自民党一派)→安倍自公政権にバトンタッチしろなどを命令に従い退陣し、

隠れ自民党一派としての汚れ役である野田佳彦民主党政権が誕生し、

野田佳彦(隠れ自民党一派)民主党政権は、アメリカロックフェラー一味の命令に従い、原発再稼働、消費税増税三党合意、TPP推進、マニフェストは意図的にすべて反故など国民が反対する悪政ばかり実行し、民主党の支持率・人気も落とさせて、安倍自公政権にバトンタッチさせるために、負けるとわかっていながら任期前に意図的に解散し、

安倍自公による選管・ムサシ・創価電通を使った不正選挙が行われた事もあり、悪政・悪行・犯罪しか行わない極悪安倍自公政権が誕生し(アメリカロックフェラー一味の傀儡政権だから当然ですが)、毎回の不正選挙で現在も続いているという構図なのです。

f:id:lonelyfreeman2016:20170605041123j:plain