地球人類共通の真の敵であり、悪魔崇拝者でもあるイルミナティ・金融ユダヤ・ハザールマフィア・ディープステート・ヨーロッパロスチャイルド・アメリカロックフェラーらによって不都合な検索キーワード

地球人類共通の真の敵であり、悪魔崇拝者でもあるイルミナティ・金融ユダヤ・ハザールマフィア・ディープステート・ヨーロッパロスチャイルドアメリカロックフェラーらによって不都合な検索キーワードは、

CFR

CSIS

HAARP

人工地震

ケムトレイル

新型ウィルス

毒入りワクチン

人口削減

不正選挙

暗殺

MKウルトラ・完全洗脳

NWO

MJ-12

TR3B・アストラトライアングル

エリア51

エシュロン

モンサント

ジャパンハンドラーズ

悪魔崇拝

プロトコール

 

 

戦後アメリカロックフェラーが導入した、大量生産大量消費型経済・愚民家畜型資本主義・偽者の民主主義・偽者の自由主義が半世紀以上の年を経て、日本国民・日本社会を浸蝕してきました。

戦後アメリカロックフェラーが導入した、大量生産大量消費型経済・愚民家畜型資本主義・偽者の民主主義・偽者の自由主義が半世紀以上の年を経て、日本国民・日本社会を浸蝕してきました。

スポーツ・セックス・スクリーン(テレビゲームも含まれる)の3S愚民化政策や馬鹿教育制度も日本国民を腐敗・堕落させるための一環です。

マクドナルドハンバーガーやコカコーラなどのファーストフード・ドリンク、ディズニーアニメ、プロ野球、テレビのバラエティ番組などで白痴化させ、今はネットやスマホで老若男女が一億総白痴化させられているような状況です。

ファーストフード・ドリンクなどは、白痴化させるだけでなく、健康を害させ病気にし、アメリカや日本を支配している連中の支配する製薬メーカーや病院が大儲けする目的でも普及させてきたのです。

資本主義は巧言令色の世界で、倫理観や道徳心は薄れ、むしろ思いやりや弱者を庇うなどの倫理観や道徳心は冷笑の対象とさえなります。

明治大正の気骨ある老人や、奉職精神、勤勉実直といった、日本人の美徳は次第に消え去り、偽者の自由と民主主義の国アメリカのように、心も頭も低レベルの愚民が増えてきています。

弱い者苛めや差別やうつ病や自殺など、こういった日本社会の精神的病巣の多くは、欧米社会を真似た巧言令色の資本主義・競争主義を根源とするものです。

現在の日本は、社畜国畜かなどは別にして、資本主義・競争主義の社会の中で、金や物や欲望などの奴隷にさせられ、日本人の美徳だった倫理観や道徳心や精神性の高さや感謝の気持ちや謙虚さなどを忘れ、様々な弊害が起こってきているのです。

地球人類共通の真の敵・悪魔崇拝者・金融ユダヤ・アメリカロックフェラーの傀儡政権・安倍自公政権の結果

f:id:lonelyfreeman2016:20161128211954j:plain


地球人類共通の真の敵・悪魔崇拝者・金融ユダヤアメリカロックフェラーの傀儡政権・安倍自公政権の結果

 

農薬使用量・・・世界一

添加物の種類・・・世界一

遺伝子組み換え食品・・・世界一

水道水塩素濃度・・・世界一

精神科の病床数・・・世界一

若者の自殺率・・・世界一

原発密度・・・世界一

男性の労働時間・・・世界一

経済成長率・・世界最下位

1人あたりGDP・・・32位

税金負担率・・・世界2位(高負担中福祉)

社会保障・・・世界の平均(高負担中福祉)

高齢化率・・・世界一(長生きと少子化

国の借金率・・・世界一

公務員年収・・・世界一(2位の2倍)

派遣会社の数・・・世界一(米国の5倍)

他人に親切な国・・・世界142位

全体の自殺率・・・世界6位

 

 

 

司法制度改革案 司法制度改革 司法制度

司法制度改革案 司法制度改革 司法制度

 

この日本から、特に不都合な人物に対する不当逮捕や不当起訴や冤罪投獄や人権蹂躙や量刑不当や、

あるいは、逆に権力側である、自民党幹部(特に清和会)や創価公明幹部や霞が関幹部などなら捜査・立件・逮捕・起訴すらされないや、しぶしぶ立件されても正当な判決よりも非常に軽い刑などの不正をなくすための司法制度改革案を述べます。

 

総理大臣、最高裁長官、検事総長を公選制すなわち国民の直接選挙で選ぶ。

総理大臣は国会議員の30人以上の推薦を受けた者が立候補でき、最高裁長官は裁判官を15年以上勤め国会議員の30人以上の推薦を受けた者が立候補でき、検事総長は検察官を15年以上勤め国会議員の30人以上の推薦を受けた者が立候補できるようにする。(総理大臣は民間人でもかまわないという事)

検察庁を政府、法務省から独立させ、各都道府県すべてに検察庁から半独立した特捜部を設け、権力者や巨悪や影響力のある人物の捜査にあたる。

立法、行政、司法、検察、弁護士会、マスコミが独立し、厳重にチェック、監視できる制度、組織、システム、法律に改正する。

総理大臣が変われば各省庁のトップや中核の主要官僚なども入れ替えられるようにし、民間人も登用できるようにする。

総理大臣や最高裁長官や検事総長や特捜部のトップらの明らかな不正があった場合は、50人以上の国会議員の提案で問責決議を出せて、衆参両議院の5/6以上の賛成の議決で罷免できるようにする。

警察、検察、法務省、裁判所などの組織やシステムなどを根本的に改正する。

警察官、検察官、裁判官、刑務官とも、国民全体の奉仕者として全うに職務を行った者が出世できるようにする。

司法試験を受かった後、裁判所、検察、弁護士会が独自に再度試験を行い、検察官が弁護士に変わりたい場合など、再度弁護士会の独自の試験を受けて、受かってからなれるようにする。

特に裁判官は国民全体の奉仕者として、厳正・公平・中立で偏見の少ない良識を持った人物が採用されやすいようにする。

最高裁長官が最高裁判事を、裁判官を15年以上勤めた裁判官の中から30人選出し、参議院議員の1/5以上の賛成で決定とする。

各地方、高裁の裁判官は最高裁長官を中心に相応しい人物を任命する。

検察幹部は検事総長を中心に決め、各地方、高等検察官も検事総長を中心に決める。

特捜部のトップは、検察官を15年以上勤め、政府と検察と国会議員の50人以上の推薦を受けた者が立候補でき、参議院で一番多数を取った者が決定とする。

検察や特捜部の要請があれば、警察は犯罪捜査に協力する。

警視総監や警察庁の幹部は、内閣と警察庁長官を中心に、国民全体の奉仕者として警察官を15年以上勤めた者の中から、相応しい人物を選出推薦し、参議院の1/5以上の賛成で決定とする。

都道府県警の本部長は内閣と警察庁長官警察庁の幹部を中心に、国民全体の奉仕者として警察官を12年以上勤めた者の中から、相応しい人物を選出推薦し、参議院の1/5以上の賛成で決定とする。

各署長は内閣と警察庁幹部と本部長を中心に国民全体の奉仕者として警察官を10年以上勤めた者を任命する。

拘置所や刑務所の各所長は内閣や法務大臣を中心に、国民全体の奉仕者として刑務官を12年以上勤めた者の中から選出推薦し、参議院の1/5以上の賛成で決定とする。

留置所、拘置所、刑務所とも設備や規則などを根本的に改正する。

保護房すなわち人権蹂躙房を廃止し、人権に配慮した特別房を設ける。

留置所、拘置所は人権に配慮し本当に必要な最低限の規則だけにし、懲罰もなくし、公判でもフェアに争えるよう、六法全書国語辞典やマスコミ電話帳や弁護士名簿やポステルなど、必要な書物などすべて整える。

あらゆる組織から独立した、裁判官や弁護士に成り立ての人物からなる第三者機関を設ける。

留置所、拘置所、刑務所に第三者機関の人物を配置し人権蹂躙や不正や差別や変な薬など飲まされてないかなどが行われていないか厳重にチェックする。

告訴時、事情聴取時、取調べ時、実況検分時、証拠採取時などに、独立した第三者機関の人物が立会い、捏造や不正が行われていないか厳重にチェックする。

留置所、拘置所、刑務所とも被疑者、被告人、受刑者や刑務官ともなるべくストレスが溜まらないよう、精神的にも肉体的にも健康が保てるように改善する。

被疑者、被告人はもちろんの事、受刑者も、マスコミやあかの他人であろうと、便箋が何枚だろうと何通だろうと、どこでも手紙など出せるようにする。

裁判官、検察官、警察官、弁護士、刑務官、法務省役人とも、留置所、拘置所、刑務所、保護房とも最低1週間ずつでも経験させる。

裁判所、検察、第三者機関、会計検査院などの予算と警備を独立させる。

弁護士会に被告人の無実を晴らすためなどの目的のために、目撃者や証拠を集めたりする組織をつくる。

逮捕された後、すぐに必要なプロフィールの載った弁護士名簿の中から、容疑者が国選弁護士を選べるシステムにする。

弁護士会は特に否認している容疑者の希望にそえるようにする。

弁護士会で選出された弁護士は、直ちに容疑者にいつ面会に行けるかなど知らせ、なるべく早く面会に行き、容疑者の要望があれば、マスコミなどに知らせるなどの意向にそえるようにする。

すべての事案において、告訴時、事情聴取時、取調べ時、公判などすべてにおいて一番性能の良い嘘発見器と録画録音機を導入する。

すべての公判に陪審員制度を導入し、必要なプロフィールも載っている30歳から70歳までの登録者の中で、無作為に選ばれた10人の中から、告訴側、被告側ともそれぞれ2人ずつ不利になると思われる人物を排除し、残った6人と裁判官1人(公判進行役もかねる)の計7人の多数決により判決と量刑を決める。

量刑は有罪にした中で最重刑と最軽刑を除いた人数の平均値とする。

刑法なども、わかりやすく具体化できるものは具体化し、一つの犯罪、罪状になるべく懲役なら懲役だけに統一し、その罪状に適した最重刑と最軽刑も決める。

軽微な犯罪は1日から10日までのごみ拾いなどの強制ボランテイアとし、軽い初犯や軽犯罪は罰金に換算した7日から30日までの労役刑とし、それ以上は罪状にもよるが、1ヶ月から100年までの懲役刑とし、これ以上は終身刑とする。

死刑制度は国民投票によって存続させるか廃止するか決め、存続させるなら死刑囚も刑務所に移動させ、死刑執行も刑務所で行う。

終身刑は有罪とした人数の半数以上が終身刑を下した場合に成立とする。

死刑が存続した場合、死刑は有罪とした全員が死刑を下した場合のみ成立とする。

執行猶予、罰金、禁固刑、私選弁護士制度、保釈金制度、殺人の時効など法の下に不平等な制度をすべて廃止する。

勾留されている被告人は逃亡や証拠隠滅などできないかわりに、自分で無実を晴らす証拠を集めたり目撃者を捜すなど何一つできないので、国選弁護士や弁護士会の方で、被告人の変わりに行うが、この時も裁判官に成りたてで第三者機関の人物が不正がないかチェックする。

とにかく告訴側、被告側とも平等にフェアに争えるように、すべて根本的に改正する。

裁判官2人、検察官3人の計5人による起訴審査会を設け、全案件5人を無作為に選び、すみやかに全案件その時点でわかっている事をすべて検証し、すべての関係者の証言陳述も聞き、嘘発見器も導入し、物的証拠などもあればすべてを総合的に検証、検討、判断し、厳正公平に多数決で本当に疑わしく起訴すべきものは起訴し、起訴猶予にすべきものは起訴猶予にし、不起訴処分にすべきものは不起訴処分にする。

この審査会で起訴を決めた検察官がその公判を担当し、起訴を決めた裁判官はその公判を担当しない。

1回目の公判から集中審理を行い、罪状認否、告訴側の証人、被告側の証人、告訴側、被告側、目撃者などの証人尋問など、行えるようにする。

前にからみ、公判前に必要な証人尋問が行えるよう双方予め要求し、双方こういう人物の証人尋問をしたい事を相手に告知し、証人に対し、必要な質問ができるようにする。

意見を聞く質問でも差し障りがなければ何でも質問できるようにし、被告人にも十分な質問ができるよう時間も十分に取る。

この時1日がかりの方がよいが、昼休憩の時なども、被告人と弁護士が十分話し合えるようにする。

本当に罪を犯しているなら、本人、被害者、社会のためにも、なるべく早く正当に罪を償わせなければならないし、無実ならなるべく早く投獄から開放して自由を取り戻させなければならないので、厳正、公平にスピーデイ、スムーズに集中審理を行い、フェアに争えるよう、冤罪のないよう改正する。

陪審員もどちらの人物が信用できるかで判断せず、嘘発見器の反応結果や証言内容や状況証拠や物的証拠などで判断し、嘘発見器でも判断がつかず、容疑を裏付ける状況証拠さえなければ、当然疑わしきは罰せずで無罪とする。どんなきらいなタイプの人物であろうと。

本当に罪を犯していると認められた場合、量刑は被害者の本当の被害の度合い(たいした事もないのに、強く訴え強く処罰を求める者もいるし、逆に正当に訴えたり、処罰を求められない者もいる)、社会的悪影響度、被害金額、目的、動機、手口、同じ前科があるか、生い立ち、生活状況、反省の度合いなどを考慮して、正当と思われる量刑を下す。

公判を始める直前に陪審員に対し、嘘発見器を使って、告訴側、被告側のどちら側からでも、金品を受け取ってないか、強要や圧力や進言などなかったか、その他権力者や関係者から金品の受け取りや圧力や進言などなかったか、あるいはわざと冤罪や無実にしようと企んでないかなどを聞き、1人でも嘘をついている反応がでれば、迅速に陪審員や裁判官を入れ替えてやり直す。

なおこれに関連した犯罪者はより厳しく処罰する。

6対1以上の差で無罪になった判決案件については検察、告訴側が控訴できないようにする。

控訴審も同じように行うが省いても差し支えないものは省く。

一審と同じく、6対1以上の差で無罪とされた判決案件については検察、告訴側が上告できないようにする。

上告審は3人10組の最高裁判事が、明らかにおかしい判決のみ差し戻し、正当な妥当な判決と判断すれば、すみやかに控訴審の判決を最終的な判決であると決定する。

有罪になった者の未決勾留日数を1/2に統一し、懲役日数などから引くようにする。

無罪になった者には精神的肉体的な苦痛や投獄されていた日数も含めて全被害を金銭に換算して、国が損害賠償を払う。

なお嘘発見器などから明らかに虚偽告訴や偽証で被害を与えた者は、虚偽告訴罪偽証罪なども合わせ、より厳しく処罰する。

自分の立場、地位を悪用して不当逮捕や不当起訴や冤罪や人権蹂躙などで被害を与えた者も特捜部などが捜査摘発し、公務員職権乱用罪などもからめ、より厳しく処罰する。

控訴、上告した被告人やその弁護士に裁判所が判決文などすべての関係書類を迅速に送る。

すべての裁判書類を誰でも閲覧したりコピーしたりできるようにする。

陪審員が正当と思われる判決を下しても、それを逆恨みして、復讐を企てたり、その者が所属したり関係する団体や組織の者が企てる事も考えられるので、陪審員らに危害が加えられる可能性があると思われるものに関しては公費でボデーガードをつけるなどの配慮をする。

必要なら公判でも現場検証や再現検分など行う。

論告要旨や判決文など庶民が読んでもすべて意味がわかるよう、わかりやすい言葉、文章使う。

正当な理由とは何か、実の親子も他人になるのかなどすべて具体化できるものは具体化し線引きできるものは線引きする。

双方が手を出した暴行事件などの場合、明らかに正当防衛的な事案は不問にし、それ以外は喧嘩両成敗にし、どちらに原因があるか、どちらが先に手を出したか、双方の手数やダメージなど考慮して公判を行う。

陪審員や裁判官は被告人に対し、身分、学歴、職歴、出身、容姿、地位、財産、思想、主義、所属する団体、親などの地位や職業、話し方、態度、性別、年齢、人種、前科、知能などを判断材料にしない。

陪審員や裁判官は被告人に対し、懲戒免職、解雇、退職、離婚、一家離散、政治家、官僚、公務員、経営者、医者、警察官、検察官、裁判官、有名大学卒、勲章、マスコミに叩かれたなど量刑に一切考慮しない。

一般的な犯罪以外の巨悪や権力者や裁判官や検察官や警察官などの重大な犯罪は特捜部が厳正厳重に公平に摘発し立件する。

政治家や官僚や公務員などの公金横領や裏金作りなどの犯罪は、独立した会計検査院や市民オンブツマンが被害者である不特定多数の納税者の代わりに厳しく告発、告訴する。

特捜部の犯罪は参議院の半数以上の了承を得て、検察が摘発立件する。

複数の容疑があり、1つは明らかに無実と思われるが、他は明らかに犯していると思われ、明らかに犯している容疑を否認しているからといって、無実の方も有罪にしたりしないようにする。

逮捕、起訴、判決の数などで出世が左右されないよう改正する。

マスコミやジャーナリストなどもどんな小さな事案、公判でも特に容疑者が否認している場合や、明らかにおかしな立件などの場合は、容疑者の面会にも行き、容疑者や被告人の主張も記事にし傍聴にも行き、特に不当と思われる逮捕や起訴や公判や判決ならば大々的に報道する。

マスコミの1つでも、新聞などで日本全国のすべての逮捕、起訴、公判、判決などを掲載し、明らかに不当と思われる事案は、被告側の主張も含め大々的に取り上げ報道する。

刑務所は人権に配慮しながらも、ある程度厳しく罪を償わせ、今の国家権力に逆らわず、不都合な活動もせず、黙って労働し納税する社畜国畜イエスマンにさせるための更正ではなく、被害者の痛み気持ちがわかり、相手の立場になって考えられる理性、人間性を身につけさせ、自立して生きがい、使命を見出して生活できるようになるための更正と反省の受刑生活を送らせる。

農園なども多く取り入れ、真面目に務めている者を優先して行わせ、逆になまけている者は一番厳しい所で作業を行わせる。

罪を償って出所する者が、とりあえずの生活ができるよう、短い刑の者でも、なるべく多くの作業賞与金がもらえるようにする。

公平、中立な人物が仮釈放を決め、一番良い者でも刑の3/4以上務めてから仮釈放を与えるようにする。


犯罪を少なくするために、弱者、貧困者、敗者、不運者が少なくなるよう、これらの人々が社会復帰げきるよう税制なども改善する。

国家権力側は特にであるが、捕まらない犯罪者も多くいる中で、罪を償った前科者が司会復帰しやすく社会に受け入れられやすいようにする。

すべての国民と入国者の指紋やDNAの登録を義務つける。

内部告発する者が守られ、正直者や汗水流して働いている者が幸せに裕福に暮らせ、貧困者などの犯罪を減らすために、税制などでなるべく平等化し、必要最低限の生活ができるようセーフテイネットなどを充実させる。

迷宮入りしそうな事件の場合は、本物の超能力者を使って真犯人を捜し出し、嘘発見器も使って慎重に事情聴取する。

人間性を高める根本的な教育改革も行い、良心を育ませ、自分で考えたり、想像力を働かせる能力も身に付けさせ、差別や偏見もなくさせるようにする。

若者に林業や農業や大工や介護などのボランティアを行わせる。

とにかく、立法、行政、司法、検察、特捜部、弁護士会会計検査院、マスコミがすべて独立し、厳正厳重に監視チェック」できるようにする。

今の四権が一体となった国家権力の国家権力による国家権力のための立法、行政、司法、マスコミなどから、
まともな国民の国民による国民のための立法、行政、司法、検察、特捜部、会計検査院弁護士会、マスコミに根本改革する。

鳩山連立政権や菅連立政権は善政・改革・マニフェスト実行は行なえなかったが、小泉自公政権・安倍自公政権は悪政・悪行・犯罪だらけ

f:id:lonelyfreeman2016:20161128211954j:plain


blog.hatena.ne.jp

自民党一派でトロイの木馬だった野田豚彦民国社連立政権は省いて、鳩山民国社連立政権や菅民国社連立政権が、一体どのような悪政・売国を行ったんですかね。

善政・改革をやろうにも、宗主国の極悪アメリカも当時野党の自民党公明党霞ヶ関電通大手マスコミも経済団体も、非協力的どころか裏表で足を引っ張りまくり邪魔をし、

鳩山民国社連立政権は、極悪アメリカの基地移転問題一つで潰され、

菅民国社連立政権は、311人工地震福島原発事故などで潰され、

敵だらけの中、善政・改革を行なえる環境・状況でもなかったですからね。

だいたい、リーマンショックも含めて、極悪自公政権から山ほど負の遺産も受け継いでいる上に、たった半年でほとんど何も出来るわけがありませんからね。

最低でも霞ヶ関幹部らを一新しないと協力的になるわけがありませんしね。


極悪小泉自公政権や極悪安倍自公政権は、悪政・悪行・犯罪・隠蔽・捏造・改竄・嘘八百・誤魔化し・はぐらかし・責任転換しか行っていないですから、はるかにましだったんですがね。

はなっから、善政・改革をやろうとして出来なかったのと、はなっから悪政・悪行・犯罪・隠蔽・捏造・改竄・嘘八百・誤魔化し・はぐらかし・責任転換をやろうとして支配下霞ヶ関電通大手マスコミや経済団体や日銀などを使って実行しているのとは、月とすっぽん以上に全く違いますからね。


 安倍首相こそが福島原発事故の最大の戦犯だ! 第一次政権で津波による冷却機能喪失対策を拒否

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4599/


安倍自公政権の悪政・悪行・犯罪一覧

2012年からの不正選挙
原発再稼動
TPP参加継続
サギノミクス
消費税増税など増税のオンパレード
保険料の負担増
残業代0法
高利貸し業界の金利上げ
法人税と富裕層だけは減税
物価高
円の価値下落
公的資金を使って株高維持
アメリカ国債買い増し
アメリカ兵器大量買い増し
原発と武器の輸出推進
マイナンバー制
NSC
特定秘密保護法
憲法を無視して集団的自衛権の拡大解釈
治安維持法であるテロ準備罪・共謀罪
安保法という名の戦争法(自衛隊を米軍の下請け機関にし最終的には日中戦争
官邸私物化
日銀私物化
年金基金(GPIF)私物化
NHK私物化
大手マスコミを支配下に(言論統制
カジノ法

農協解体
種子法廃止
水道民営化(アメリカロックフェラーに売り渡す)
森友・加計
企業側の非正規雇用規制緩和(実質賃金の低下)
移民1000万人受入れ
報道自由度ランキング72位と大幅下落
海外に外遊しまくり60兆円ばら撒き(アメリカロックフェラーの懐に)
憲法改悪し国家権力が憲法で国民を縛り戦争出来る国を目指す
不都合な人物や裏切り者を暗殺・冤罪投獄で潰す


安倍自公政権増税・負担増一覧など

消費増税5%→8%→10%(予定)
所得税増税
住民税増税
相続税増税
贈与税増税
退職金の住民税控除廃止
年金支給0.7%減額
国民年金料引き上げ
厚生年金保険料引き上げ
高齢者医療費負担増
診療報酬引き上げ(医療費値上げ)
国民保険料高齢者引き上げ
40-64歳介護保険料引き上げ
児童扶養手当減額
石油石炭税増税
電力料金大幅値上げ
高速料金大幅値上げ ETC割引縮小
自動車重量税増税
軽自動車税は1.5倍に値上げ
酒税増税
タバコ5%増税
NHKの受信料UP
公務員給与減額停止(悪政を実行させるため甘い汁を吸わせ痛みを従わせない)
配偶者控除見直し
法人税減税 財源に配当や売却にかかる税率の引き上げ
年金支給開始年齢の引上げ

 

安倍自公政権のワースト一覧

GDP下落率-歴代内閣中1位
自殺者数-歴代内閣中1位
倒産件数-歴代内閣中1位
自己破産者数-歴代内閣中1位
生活保護申請者数-歴代内閣中1位
税収減-歴代内閣中1位
赤字国債増加率-歴代内閣中1位
国債格下げ-歴代内閣中1位
不良債権増-歴代内閣中1位
国民資産損失-歴代内閣中1位
医療費自己負担率-歴代内閣中1位
年金給付下げ率-中1位
金保険料未納額-歴代内閣中1位
年金住宅金融焦げ付額-歴代内閣中1位
犯罪増加率-歴代内閣中1位
貧困率-ワースト5国に入賞
民間の平均給与-7年連続ダウン
出生率-日本史上最低
犯罪検挙率-戦後最低
所得格差-戦後最悪

地球人類の味方である私ロンリーフリーマンこと高田康博の8回の不当訴え・8回の不当逮捕・5回の不当起訴・3回の実刑冤罪投獄・人権蹂躪などに関わった極悪犯罪者どもを地獄に送り返そう

f:id:lonelyfreeman2016:20161128211954j:plain


私ロンリーフリーマンこと高田康博は、地球人類の味方として、地球人類・日本国民を目覚めさせ、地球文明社会・日本社会をより良い方向に導くために、ネットで不都合な真実・実態を暴露しまくってきた事により、

地球人類共通の真の敵であり、悪魔崇拝者でもある金融ユダヤアメリカロックフェラー>CIAや、

これらの手下である小泉一味・安倍一味・統一教会自民党(特に清和会・細田派)・創価学会公明党や、さらにこれらの手下である警察・検察・裁判所や、パチンコ業界・警備会社らに目の敵にされ、

 8回の不当逮捕(小泉、小泉、麻生、野田、安倍、安倍、安倍、安倍と極悪政権と見事にリンクする)、5回の不当起訴(小泉、小泉、麻生、安倍、安倍と極悪政権と見事にリンクする)、3回(冤罪の執行猶予も合わせると4回で合計約6年で、小泉、小泉、安倍と極悪政権と見事にリンクする)の実刑冤罪で投獄され、他にも15回以上の保護の名の下の暴行・拉致・監禁、10回以上電車で酒を飲んでいただけで駅員に通報される、10回以上の創価学会員や公安と思われる連中によるパンクや尾行・監視・通報、創価学会に正義の書き込みを民事訴訟でも訴えられ敗訴・預金口座の差し押さえ、オウムというデマ流しなどなど、滅茶苦茶な被害を被ってきたロンリーフリーマンです。

これら地球人類共通の真の敵であり、悪魔崇拝者でもある金融ユダヤアメリカロックフェラー>CIAや手下である安倍一味・統一教会自民党(特に清和会・細田派)・創価学会公明党などの極悪犯罪組織などと闘う為に寄付を募ってます、募金を募ってます。

顧問弁護士を雇ったりして再審請求や刑事訴訟や民事訴訟なども行なうために寄付募ってます、募金を募ってます。

ゆうちょ銀行 14140-4845921 タカタ ヤスヒロ

 

1回目の不当訴え・1回目の不当逮捕・1回目の不当起訴・1回目の実刑冤罪に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・高田實(たかたみのる)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・中原正人(なかはらまさと)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・大山哲也(おおやまてつや)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・鳥取警察署の極悪警察官(名前不明)

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・柿田賢一(かきだけんいち)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・田邉直樹(たなべなおき)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・宮本定雄(みやもとさだお)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・吉波佳希(よしなみけいき)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・植屋伸一(うえやしんいち)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・町田顯 (まちだあきら、地獄に帰る)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・藤井正雄(ふじいまさお)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・深澤武久(ふかさわたけひさ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・横尾和子(よこおかずこ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪刑務官・川尻定金(かわじりさだかね)

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/041526?_ga=2.203365969.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


2回目の不当訴え・2回目の不当逮捕・2回目の不当起訴・2回目の実刑冤罪に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・新城英介(しんじょうえいすけ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・川本英嗣(かわもとひでつぐ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・徳田博文(とくだひろふみ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・浪速警察署の極悪警察官(名前不明)

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・長谷川直人(はせがわなおと)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・中本次昭(なかもとじあき)

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・地引広(ちびきひろし)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・島敏男(しまとしお)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・江藤正也(えとうまさや)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・伊藤寿(いとうことぶき)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・金谷利廣(かねたにとしひろ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・濱田邦夫(はまだくにお)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・上田豊三(うえだとよぞう)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・藤田宙靖(ふじたときやす)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/041640?_ga=2.3586032.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


3回目の不当訴え・3回目の不当逮捕・3回目の不当略式起訴に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・川村浩行(かわむらひろゆき)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・西堺警察署の極悪警察官(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・高井順美(たかいじゅんみ)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・宮下耕治(みやしたこうじ)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/041836?_ga=2.3586032.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


4回目の不当訴え・4回目の不当逮捕に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・上杉和功(うえすぎかずのり)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・浪速警察署の極悪警察官(名前不明)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/041937?_ga=2.3586032.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


5回目の不当訴え・5回目の不当逮捕・4回目不当起訴・執行猶予付きの冤罪に近い有罪に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪会社・ヨギボーの極悪犯罪者・鶴田店長ら、

人間性良心のかけらもない極悪ショッピングモール・キューズモール経営陣(東急系・たぶん自民系)と、

人間性良心のかけらもない上を警備する極悪警備会社・防災センターの極悪警備員ども(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・阿倍野警察署の極悪警察官(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・上田晴幸(うえたはれゆき、たぶん創価学会員)

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/042056?_ga=2.224786266.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


6回目の不当訴え・6回目の不当逮捕に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪パチンコ店・楽園なんばパチンコ店の極悪犯罪者・極悪警備員か極悪店員(名前不明、顔にぶつぶつがあるチンピラ風の風貌)、

人間性良心のかけらもない極悪パチンコ店・楽園なんばパチンコ店の極悪犯罪者・極悪警備員か極悪店員(名前不明・ひ弱そうに見える店員)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・南警察署の極悪警察官(名前不明、たぶん創価警察官も含まれる)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/042200?_ga=2.224786266.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


7回目の不当訴え・7回目の不当逮捕に関わった、

人間性良心のかけらもない同じ車両に乗り合わせていた創価学会員と思われる極悪犯罪者(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・前田利幸(まえだとしゆき、当時大阪市営地下鉄の駅員)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/042309?_ga=2.224786266.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970



8回目の不当訴え・8回目の不当逮捕・5回目の不当起訴・3回目(執行猶予の分も含めると4回目)の実刑冤罪に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪警備会社・日本警備通信に所属していた人間性良心のかけらもない極悪警備員・極悪犯罪者・升本信宣(ますもとのぶよし)、

人間性良心のかけらもない極悪警備会社・日本警備通信に所属していた人間性良心のかけらもない極悪警備員・極悪犯罪者ども(社長・松田安博、他の極悪警備員・極悪犯罪者ども名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・寺下征司(てらしたせいじ、たぶん創価学会員)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪検察官・新毛萌花(にいけもえか)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・飯島健太郎(いいじまけんたろう)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・極悪裁判官・三澤節史(みさわせつじ)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/042417?_ga=2.224786266.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


15回以上の保護の名の下の暴行・拉致・監禁に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・新世界・極悪パチンコ店・マルハンの極悪店員・極悪犯罪者ども(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・浪速警察署の極悪警察官(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・新世界・スパワールドの極悪従業員・極悪犯罪者ども(名前不明)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・浪速警察署の極悪警察官(名前不明、たぶん創価警察官)、

新世界で通行していたり、同じ車両に載っていて駅員・警察に通報した人間性良心のかけらもない極悪犯罪者(名前不明、たぶん創価学会員)、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・阿倍野警察署の極悪警察官(名前不明)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/042800?_ga=2.224786266.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


実態に基いた個人の正義の書き込みを、創価学会(長谷川重夫)に名誉毀損で訴えられ、グルの極悪東京敢為裁判所によって敗訴させられ、グルの極悪裁判所・大阪地方裁判所・極悪裁判官・高嶋由子によって預金口座の差し押さえまでされた前代未聞の民事訴訟に関わった、

人間性良心のかけらもない極悪犯罪者・長谷川重夫・原田稔・谷川佳樹(創価学会幹部)、

人間性良心のかけらもない極悪裁判所・東京簡易裁判所の極悪犯罪者・極悪裁判官(名前不明)

人間性良心のかけらもない極悪裁判所・大阪地方裁判所の極悪犯罪者・極悪裁判官・高嶋由子(たかしまゆいこ)、

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/043121?_ga=2.224786266.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


等々、これ以外にも、オウム・アレフ統一教会霊友会顕正会生長の家阿含宗などと同じ気違い・悪人・犯罪・洗脳・カルトである創価学会員と思われる連中に、自転車のパンク・窃盗・監視・尾行・駅員警察に不当通報や、

統一教会自民党清和会や小泉一味・安倍一味らの命令で、公安警察創価学会員や電通大手マスコミ(サブリミナルも含まれる)を使って、オウムの信者などのデマゴーグを流され広められてきたと確信しております。

http://lonelyfreeman2016.hatenablog.com/entry/2019/08/09/045247?_ga=2.191757930.1318007930.1566896160-1218867497.1555320970


こいつら全員、地球人類の味方である私ロンリーフリーマンに超多大なる被害を与えまくってきた、人間性良心のかけらもない極悪犯罪者(地球人類共通の真の敵であり、悪魔崇拝者でもある金融ユダヤアメリカロックフェラー>CIA・ジャパンハンドラーズの手下やその手下で地球人類・日本国民共通の敵)なので、


一刻も早く地獄に叩き落し、地獄に送り返すべき人間性良心のかけらもない極悪犯罪者どもです。

地球人類の味方である私だけの敵ではなく、地球人類・日本国民共通の敵でもあります。

 

追加で、3回目の冤罪投獄から復帰した後も、ツイッターヤフー知恵袋も何回も利用停止されられております。

言論の自由表現の自由が制限・統制・封鎖される状況になっているのも明らかです。

死刑制度反対 前近代的な問題だらけの死刑制度は廃止すべき 死刑制度の矛盾点 唯一の報復刑の死刑制度

理性と寛容精神より、感情と報復精神の方が多いに働いている、目には目を歯には歯をで、罪を憎んで人も憎む、野蛮人である死刑制度賛成派の主張に対する反論・正論

 

■抑止力がある(死刑制度賛成派の主張、以下同文)

死刑になりたくて犯罪をする人もいるので一概には言えません。

そして、一定の抑止力があるとしてもそのために殺人事件の真犯人の命を犠牲にしていいという根拠にはなりません。

■罪があるから

そもそもの罪の定義が明確ではありません。

責任という意味であれば、そもそも犯罪者がそのような人格になったことの責任・原因の所在も明らかにしなければなりません。

また、社会やそれを構成する人々や回りの人々や時の政府・国家権力や企業などに問題・原因・責任はないのでょうか。

■再犯を防げる

その理論だと人間全てに犯罪をする可能性があると言えるので人殺しだけを殺す理屈にはなりません。

終身刑だとお金がかかる

社会秩序の維持や犯罪を防ぐために捕まえたのであれば社会で負担するのが道理・当然ではないでしょうか。

それとも犯罪を犯した者全員を餓死させるのが当然と考えているのですか。

また、現在死刑囚でも、獄死するまで死刑執行しない死刑囚も大勢います。

終身刑だと脱獄する可能性がある

ここ半世紀、死刑囚や無期懲役囚の脱獄は起きていません。

脱獄した上で現代日本の警察の目を掻い潜り、その上でその犯人が再犯(人殺し)という選択肢を取るという可能性がどれほどあるのか。

果たして犯罪者一人の命を確実に奪わないといけないほどの確率であるのか。

仮に再犯するとしても、だからといって犯罪者の命を奪っていい根拠にもなりません。

■法律で決まってるんだから正しい

所詮人間が作っているもので、時代に即していない法律や悪法もあって、絶対に正しいわけではありません。

また、法律を立案・制定している国会議員や役人自身が犯罪を犯す事もあるのです。

■死刑にだけ反対するな

冤罪や人権蹂躪や拷問や過重な重労働の懲役に反対している死刑制度反対派もおり、死刑だけに反対しているわけではありません。

■死刑になるかどうかの公判では慎重の上にも慎重を規しているから冤罪は有り得ない

戦後だけでも、死刑台から生還した人が5人もいて、飯塚事件は冤罪で死刑執行された可能性が高いと言われているのに、何を寝ぼけた主張をしているのでしょうか、呆れ返ります。

■他の国もやってる

それが民主主義の国だとしても死刑制度を存続させている国が正しいわけでもなく、死刑を正当化する根拠にはなりません。

また、人権を重んじたり、冤罪が発覚した民主主義国家・自由主義国家ほど、死刑制度を廃止しています。

■それが人間という動物だ

人間は、本能だけで生きている動物とは全く違う、理想・理念・理性・向上心・崇高な精神を持ち合わせている存在です。

そして、戦国時代や中世でもあるまいし、人間社会は、精神的にも社会的にも進歩すべきなのです。

■国民の総意だ

死刑制度の是非を国民投票で決めた事はありません。

また、死刑の代わりの極刑として完全終身刑を導入した仮定の場合、死刑制度賛成派は大幅に少なくなります。

■遺族が望んでいる

被害者に100%落ち度・原因・非がないとしても、遺族全員ではありません。


■国が決めたんだ

国・政府がやることは全て正しいというという根拠でもあるのでしょうか。

お上のやる事は正しい、お上の命令に従うというのも、島国民族である日本人の 悪い特性なのです。太平洋戦争などがよい例ですね。


■お前だって被害にあったら賛成派になる

仮に家族らが殺されて賛成派に変わったとしても、死刑が正しいということになるわけではありません

また、信念を持った死刑制度反対派全てが、被害者(あの世で)や被害者遺族になったとしても賛成派に変わるわけではありません。

最後に、同じ冤罪でも懲役・禁固と死刑では全く違います。どちらも失われた人生・時間は取り返しが付きませんが、無実で死刑執行された場合、生命の取り返しが付きませんし、再審請求の機会も奪われ、名誉も回復せず、永遠に凶悪な犯罪の真犯人として記録・記憶されるのです。

凶悪な犯罪の抑止力や社会秩序を保つためなら多少の犠牲はやむを得ないと思ってい人々もいるかも知れませんが、このような非人道的な事が許されて良いわけがありません。

そして、無実の死刑囚を死刑執行する事も、国家権力による殺人ですが、たとえ真犯人の死刑囚であろうが殺人に変わりありませんし、殺された被害者が戻ってくるわけでもありません。

真犯人であろうが、この世で猛省・懺悔・更生・改心させるのが、近代国家で理念ある自由主義・民主主義の先進国として当然です。